ホームページ > 商友会 > 商学部創立50周年記念事業

商学部創立50周年記念事業

実行委員長 商学部教授 佐合紘一

 本学商学部は大阪商科大学を引き継いで1949(昭和24)年に設立され、1999(平成11)年には創立50周年を迎えます。すでに8000余名の方々が本学部を卒業され、社会で活躍しておられますが、今後の商学部のさらなる発展を期して、卒業生、学生、先輩ならびに現役教職員にとって意義ある記念事業を催すとともに、これを機会に卒業生と商学部とのより緊密な交流をはかっていきたいと考えております。
 商学部では記念事業について実行委員会を設置し検討を重ね、別記のような事業計画を策定いたしました。本事業を推進していくためには、卒業生ならびに在校生の皆様方のご協力が不可欠でございます。このたび卒業生の組織として大阪市立大学商友会が発足して、全面的な支援をいただくことになり心強く思っております。どうぞ本事業が実り豊かな成果を収められますよう絶大なるご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

商学部・経済学部共催事業計画

国際シンポジウム:「21世紀世界ビジネス戦略」

ともに大阪商科大学から出発して50周年を迎える両学部が協力して、21世紀における国際ビジネス戦略について、卒業生、学生、市民を対象としたシンポジウムを開催することを計画しています。両学部の卒業生で海外で活躍しておられる方々と、国際的な研究者に参加していただく予定です。

商学部事業計画

(1) 共同研究、講演会、シンポジウムなど

テーマ:「産業経営21世紀のビジョン−大阪の産業経営の発展のために−」

    本学は大阪という大都市にある公立大学として、市民と社会に開かれた都市型総合大学をめざしています。現場に近い実践的な学問分野を担当する学部として、21世紀の大阪の産業経営のあるべき姿について、とくに国際的な視点から検討します。具体的な問題として、商学部の全教員が各自の専門分野から取り組むとともに、産業界で活躍しておられる卒業生の方々の協力を得たいと考えております。卒業生、学生、市民等を対象としたシンポジウム・講演会の開催や出版物の刊行によって、成果を公表する予定です。

テーマ:「商学・経営学教育のフロンティア」

    日本の大学では教育改革が進行しています。商学部は「実学」を重視してきましたが、経済や企業経営の急激な変化に対応して、新しい商学・経営学教育が要請されています。世界の主要大学における教育について調査研究するとともに、卒業生を中心とした企業内教育・人事担当者などを招いてシンポジウムや講演会を開催し、商学・経営学教育のフロンティアを開拓したいと考えております。

(2) 記念出版物の刊行

『商学部50年のあゆみ』の刊行

    商学部の50年のあゆみを記録に残したいと考えています。学部発足当時は、市内の小学校で講義が行われていました。その時の写真や思い出などを含めて、卒業生、退職された教職員から寄稿していただき、ビジュアルで読みやすいものにする予定です。編集委員として卒業生にも参加していただきたいと考えております。

『経営研究』記念特集号の刊行

    商学部では研究誌として紀要『経営研究』を発行していますが、50周年を記念して、商学部の教員が総力をあげて取り組みます。

事業経費

概算 3,000万円(ただし、経済学部と共催の国際シンポジウムは、別途に大阪市費・国際学術交流経費を見込んでいます。)

募金要綱

  1. 募金の目的
    大阪市立大学商学部創立50周年記念事業のための寄付募金
  2. 募金目標額
    3000万円(卒業生、企業などからの募金を含めて)
  3. 寄付金の使途
    商学部創立50周年記念事業等の資金
  4. 募金の方法
    個人募金を主体とし1口5000円(口数は1口以上いくらでも結構です)
  5. 募集の期間
    平成9年12月1日から平成11年3月31日まで
  6. 募金の収受及び事業経費の支出等経理に関する監事
    大阪市立大学商学部 教授 西田 博
  7. お問い合わせ先
    大阪市立大学商学部事務室 電話 (06)6605-2200 FAX (06)6605-2244
  8. 郵便振替口座
    口座番号:00970−7−68015
    加入者名:大阪市立大学商学部創立50周年記念事業実行委員会
    事務局で配布している払込用紙をご利用の場合、振込手数料はかかりません