ホームページ > 教員スタッフ > 下崎 千代子

下崎 千代子 (しもざき ちよこ)

下崎 千代子教授 画像
現職
教授
担当科目
人的資源管理論
学歴
大阪市立大学大学院経営学研究科後期博士課程退学
取得学位
経営学修士
研究テーマ
  • 組織活性化のためのワーク・モチベーション研究
  • 日本型ダイバーシティ・マネジメントに関する実証研究
  • ICT(情報通信技術)によるワーク・スタイル変革に関する研究
キーワード
人的資源管理、ワーク・モチベーション、テレワーク、イノベーション、グローバル人材マネジメント
主要論文・著作など
  • 亀田・高橋・下崎編著『環境変化と企業変革--その理論と実践』白桃書房、2009年
  • 下崎・小島編著『少子化時代の多様で柔軟な働き方の創出〜ワークライフバランス実現のテレワーク』学文社、2007年
  • 下崎千代子著『人事情報システム』日科技連出版社、1993年
  • 伊藤・森井編著『情報技術の創造的活用』創元社、1992年
  • 下崎千代子著『現代企業の人間行動』白桃書房、1991年
所属学会・役職など
日本経営学会理事、日本労務学会理事、日本情報経営学会理事、日本テレワーク学会理事、経営学史学会、組織学会、産業・組織心理学会、日本経営情報学会
商学部生に対してひとこと

謙虚でかつ貪欲であって欲しい。貪欲とは個人の利益のみを考えるのではなく、社会に対して自分がどのような貢献ができるのかという意味で、自分の可能性を信じてチャレンジをするという意味である。謙虚とは、周りの多様な意見を吸収しつつ社会の将来に対する自己の選択眼を習得するということである。学生時代に多様な経験を積み、将来の社会の中核的存在を担う人材が育つこつことを期待しています。

連絡先
TEL & FAX:    Email: