ホームページ > 教員スタッフ > 除本 理史

除本 理史 (よけもと まさふみ)

除本 理史教授 画像
現職
教授
担当科目
環境政策論(大学院)
学歴
一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学
取得学位
一橋大学博士(経済学)
研究テーマ
  • 環境コスト論
  • 環境被害補償論
  • 環境再生のまちづくり
  • 水俣病、大気汚染、福島原発事故などの公害問題
キーワード
環境コスト、環境価値、社会的費用、環境再生、公害、水俣病、福島原発
主要論文・著作など
  • 『環境再生』有斐閣,2002年(共編著)
  • 『地域と環境政策』勁草書房,2006年(共編著)
  • 『アジア環境白書2006/07』東洋経済新報社,2006年(共編著)
  • 『環境被害の責任と費用負担』有斐閣,2007年
  • 『環境再生のまちづくり』ミネルヴァ書房,2008年(共編著)
  • 『環境の政治経済学』ミネルヴァ書房,2010年(共著)
  • 『原発事故の被害と補償』大月書店,2012年(共著)
  • 『原発賠償を問う』岩波書店,2013年
  • 『福島原発事故賠償の研究』日本評論社,2015年(共編著)
  • 『原発災害はなぜ不均等な復興をもたらすのか』ミネルヴァ書房,2015年(共編著)
  • 『公害から福島を考える』岩波書店,2016年
所属学会・役職など
日本環境会議事務局次長、環境経済・政策学会理事、同会誌『環境経済・政策研究』編集委員
商学部生に対してひとこと

公害・環境問題を学ぶには、本を読んだり教室で講義を聞いたりすることも必要ですが、それだけでなく、現場に足を運んで関係者から話を聞いたりするのが非常に重要です。一緒に学んでいきましょう。

連絡先
TEL:    FAX:    Email: