ホームページ > 学生の皆さんへ > 講義・休講・補講について

講義・休講・補講について

受講等に関する要望について

身体に障害のある学生で、受講等について特別の要望がある場合は、学生サポートセンター商学部教務担当に申し出てください。

授業の休講と補講

授業は原則として、時間割表に定められた時間帯に、定められた教室で行われます。学年暦の上で授業が行われるとされている期間中は、土曜日、日曜日、国民の祝日を除いて、毎日、授業が行われます。

ただし、教員が病気や出張などの理由で、講義を休講にすることがあります。その場合には、「休講掲示板」および全学ポータルサイトに掲示されますので、それで確認してください。

また、健康診断や大学祭など、大学が必要と認めた行事のために休講措置がとられることがあります。この場合は、掲示等でお知らせします。

休講となった授業が通常の授業時間の中で十分にカバーできないときには、補講が行われます。この場合は、詳細は掲示等によって連絡しますので、見落とさないようにしてください。また、交通ストや台風等によって、授業ができない場合があります。これについては、以下のように定められています。

交通スト当日の授業について

次の交通機関のいずれかがストライキにより運行を停止したとき、当日の授業は休講とします。ただし、ストが解除された場合には、別表により全部または一部の授業を行います。

  1. JR阪和線
  2. 近鉄、阪急、阪神、南海、京阪の1線以上
  3. 大阪地下鉄およびJR環状線が同時

台風時等の授業について

別段の通知をしないかぎり、大阪府下に暴風警報が発令された場合、授業は原則として休講とします。ただし、別表のとおり警報解除の時刻により全部または一部の授業を行います。

また、警報発生の有無にかかわらず、別段の決定を行うことがあります。

(別表)
解除の時刻休講となる時限授業を行う時限
午前7時以前───全時限
午前10時以前1・2時限3・4・5時限
午前10時を過ぎても
解除されない場合
全時限───