ホームページ > 学生の皆さんへ > 諸規定集 > ネットワーク利用上のマナー

ネットワーク利用上のマナー

以下は、ネットワーク利用上の注意です。一般の社会で守られねばならないルールや、モラルは、もちろんですが、ネットワーク特有のルールやモラルも存在します。

まず、一般的な注意点を述べ、引き続き、具体的に、パスワードについてWWWについてホームページの作成についてメールについてTelnetについてFTPについて説明します。

一般的なこと

    もちろん次のことは許されません。

  • 公序良俗に違反する行為
  • 著作権や、知的所有権を侵害するおそれのある行為
  • プライバシーや人権を侵害する行為
  • 誹謗中傷
  • ネットワークの正常な運用を妨害する行為
  • 営利を目的とした利用
  • その他、法令、学内の規定等に違反する行為
  • また、次のことにも注意しましょう。

  • ネットワークでのトラフィックを不必要に増大させる行為
  • トラフィックとは、ネットワーク上での交通、こみ具合のことです。トラフィックの増大は、翻って、ネットワークのスピードを遅くし、あなた自身にとっても、そして他の多くの人にとっても不便になることを意味します。

    具体的には、巨大なデータの表示やダウンロードが、トラフィックを増大させます。巨大なデータとは、大きな画像や音声等です。

パスワードについて

  • パスワードは、人に教えないようにしましょう。
  • 良いパスワードをつけましょう。他人が容易に推測できるパスワードは、パスワードの役割を果たしません。良いパスワードの例は、学術情報センターのページを見てください。
  • パスワードは定期的に変更しましょう。
  • パスワードは他人に教えたり、他人の目に触れるところにメモしたりしないようにしましょう。

    パスワードを知られると、知らないうちに偽名のメールを出されたり、金銭的被害にあったりするおそれがあります。実際に、そのような被害が起こっています。また、あなただけが被害を被るのではなく、他の多くのネットワークの利用者にも被害を及ぼしかねません。

WWWについて

  • ネットへの負担が少ないように使いましょう。
  • ブラウザーを使ってホームページ等を見る場合には、画像の自動読み込みをしないように設定しておきましょう。文書の表示が速くなるだけでなく、トラフィックも少なくなり、システムへの負担も軽くなります。

    もし、どうしても、画像、ビデオ、音声等の大きなデータをブラウズする必要がある場合には、早朝などのトラフィックの少ない時間を選びましょう。

ホームページの作成について

    今後、みなさんのホームページを受け付ける予定です。具体的な手続きは、おって告知しますが、ここでは、ホームページを作成するさいの簡単な注意を述べておきます。
  • 著作権問題に注意しましょう。たとえば、ホームページの表現力を挙げるために、気に入ったキャラクター(ミッキー・マウス等)をページ上に配置すると、これは著作権の侵害になり、訴訟につながります。
  • もちろん、公序良俗に反する画像や表現は禁止です。
  • ホームページは、不特定多数の人が見るものです。日常生活でよりも以上に、プライバシーや、人権を侵害しないように気をつけましょう。
  • 巨大な画像をホームページに組み込むのは、避けましょう。

メールについて

  • 秘密を要するものはインターネット・メールを利用しないようにしましょう。
  • インターネット・メールは、あちこちのサーバーを経由して、目的地へ到着します。したがって、中継地点で、覗き見される可能性は、否定できません。秘密を要するものは、インターネット・メールで送らないように注意しましょう。

  • Subject は、半角英数字で(漢字、カタカナ、ひらがなは使わない)
  • 本文では、行の長さを制限し(全角文字で35字程度まで)、特定の機種に依存する特殊な文字(たとえば「丸付き数字」や「ローマ数字」など)を使わない。
  • 本文中で引用を行なった場合には、相手にわかるようにする(例えば行頭に > を付ける)
  • 不必要に大きなメールは出さない。
  • メールの最後には、自分の署名を入れましょう(4行程度までの短いものが望ましいとされています)
  • (例)
    Tarou OSAKA, Faculty of Business, Osaka City University
    Tel.:+81-6-605-22XX, Fax.:+81-6-605-2244
    E-mail: Tarou@bus.osaka-cu.ac.jp
    

Telnet について

    例えば、Telnet を使って、外部の図書館等で文献検索を行う場合、貴方は、先方の機械の時間を占有していることになります。多くの人が使えるように、不要に長時間接続したままにしないようにしましょう。

    アクセス先に、過度の負担をかけないなどの点に注意しましょう。

FTPについて

    FTPを使って、大きなファイルのダウンロードをする場合には、他の利用者のアクセスに負担をかけることになります。なるだけ、早朝等の、トラフィックの少ない時間(9:00 − 17:00 以外の時間)に、できるだけ近いサイトからダウンロードするように心掛けましょう。