ホームページ > 学生の皆さんへ > 論文提出について > 課題研究論文の作成にあたって

課題研究論文の作成にあたって

課題研究論文の提出資格

社会人プロジェクト研究特別選抜を経て入学した学生が、学際領域演習における研究プロジェクトの成果をまとめる場として課題研究を活用することになるため、課題研究論文制度を活用できる学生は、自動的に社会人学生となります。

課題研究論文の提出を希望する学生は、研究指導教員と相談のうえ、論文提出年次の11月末日までに、その旨を申請してください。

課題研究論文の提出

課題研究論文の字数は、2万字(原稿用紙使用の場合は、400字詰原稿用紙で50枚)以上です。提出期間は、修士論文の場合と同じです。提出場所は、学務係です。

課題研究論文の字数(枚数)以外の様式については、修士論文に準じますので、該当箇所を参照してください。詳しくは、「修士論文の作成にあたって」 のページをご覧下さい。

後期博士課程へ進学を希望する場合の注意点

社会人学生で、将来本学または他大学の大学院後期博士課程に進学を希望する者は、後期博士課程の受験時に修士論文の提出を求められる場合がありますので、十分に注意してください。疑問点等があれば、遠慮せず、研究指導教員に相談してください。誤解はないと思いますが、課題研究論文は修士論文ではありません。